クレジットカードの現金化とは?

クレジットカードの現金化とは

クレジットカードの現金化とは、クレジットカードによる決済の仕組みを利用して、クレジットカードのショッピング枠を現金化する方法、手口、ビジネスモデル全般のことをいいます。

クレジットカードの現金化の仕組み

クレジットカードの現金化には、大きく分けて2種類の方法があります。
つまり、

 

①「買取屋」方式
②「キャッシュバック」方式

 

の2種類です(独立行政法人国民生活センター『「クレジットカード現金化」をめぐるトラブルに注意!-利用者自身も思わぬ大きなトラブルに巻き込まれるおそれが-』(H22.4.7)より)。

 

「買取屋」方式とは

 

「買取屋」方式とは、クレジットカードのショッピング枠を使って利用者が購入した商品・金券等を、業者または第三者(チケットショップ等)が買取ることで、現金化する方式です。

 

「買取屋」方式は、さらに3種類に分類されます。
つまり、

 

a方法を示唆し、商品等を買い取る、
b業者が商品等の販売と買い取りの両方を行う、
c業者が方法のみを示唆する

 

の各方法です。

 

「方法を示唆し、商品等を買い取る」方法

 これは、利用者がクレジットカードのショッピング枠を利用して第三者から換金性の高い商品を購入し、その商品を業者が買取る方法です。通常は、商品は購入価格よりも低い価格で買い取られます。その後、利用者には、クレジットカード会社からの請求がきます。

 

 例えば、利用者がクレジットカードを使って、家電量販店から50万円のパソコンを購入し、そのパソコンを業者が35万円で買い取ります。その後、クレジットカード会社からは、支払い方法によって、請求がきます。

 

 この場合、差額の15万円が、利用者にとっては手数料となり、業者にとっては収入となります。

 

「業者が商品等の販売と買い取りの両方を行う」方法

これは、利用者がクレジットカードのショッピング枠を利用して業者から直接商品を購入し、その商品を業者が買取る方法です。通常は、商品は購入価格よりも低い価格で買い取られます。その後、利用者には、クレジットカード会社からの請求がきます。

 

例えば、利用者がクレジットカードを使って、業者からで50万円の指輪を購入し、その指輪を業者が35万円で買い取ります。その後、クレジットカード会社からは、支払い方法に応じて、50万円分の支払い請求がきます。

 

この場合、差額の15万円が、利用者にとっては手数料となり、業者にとっては売上となります。

 

「業者が方法のみを示唆する」方法

これは、利用者がクレジットカードのショッピング枠を利用して第三者から金券等を購入し、その商品をチケットショップに転売する方法です。金券等は、購入価格よりも低い価格で買い取られます。その後、利用者には、クレジットカード会社からの請求がきます。

 

例えば、利用者がクレジットカードを使って、50万円のギフト券を購入し、そのギフト券をチケットショップが45万円で買い取ります。その後、クレジットカード会社からは、支払い方法に応じて、50万円分の支払い請求がきます

 

このような方法の場合、通常は、すでに業者になんらかの債務を負っていることが多いようです。このため、新規の資金調達のための現金化というよりは、業者に対する返済の一環としての現金化という性格があります。

 

「キャッシュバック」方式とは

「キャッシュバック」方式とは、利用者と業者とのクレジットカードを使った売買契約の代金について、キャッシュバックを仮装して返金することで現金化する方法です。通常、キャッシュバックの金額は、売買契約の代金よりも低い金額になります。その後、利用者には、クレジットカード会社からの請求がきます。

 

例えば、利用者がクレジットカードを使って、業者からで50万円のCD-R(キャッシュバック付き)を購入します。業者からは、35万円の現金が返金されます。その後、クレジットカード会社からは、支払い方法に応じて、50万円分の支払い請求がきます。

トラブル急増中?

前掲の国民生活センターの報道発表資料によると、同センターが2009 年度に受け付けた相談件数は、2010 年3 月26 日現在で207件とのことです。これは、前年度の同時期と比較して、実に約1.7 倍に増加しています。

 

今後は、貸金業法の規制強化(いわゆる「総量規制」)により、貸金業者からお金を借りることができない人たちが増えてきます。このような人たちによって、クレジットカードの現金化の利用は、さらに増える可能性があります。それと同時に、クレジットカードの現金化によるトラブルは、さらに増えるものと思われます。

クレジットカード現金化よりおすすめはこちら!

ランキング

ランキング



ランキング

ランキング

ランキング

クレジットカード現金化【Q&A】関連ページ

クレジットカード現金化は出資法違反!業者逮捕で泣き寝入り?!
クレジットカードの現金化のビジネスモデルは、長年に渡って必ずしも違法とはいえない状態が続いていましたが、ついに2011年8月5日、出資法違反で業者が逮捕されました
クレジットカード現金化は景品表示法の例外というのは嘘!要注意!!
「キャッシュバック方式」が景品表示法の景品の例外であり、景品には該当しないものであるから、違法ではなく合法である、という主張がされています。しかし、この主張は誤りです。
クレジットカード現金化が公安委員会の許可?不当表示の罠に注意!
業者が利用者を安心させようとして記載しているのでしょうが、クレジットカードの現金化と公安委員会はまったく関係がありません。
クレジットカード現金化は貸金業法違反?
クレジットカードの現金化は、実質的にクレジットカードの発行会社を間に挟んで、クレジットカードの現金化の業者から利用者に対してお金を貸付けていることになります。
物価統制令に違反?本当に怖い!クレジットカード現金化は犯罪です
クレジットカードの現金化の業者と利用者との取引の額が不当に高額となった場合、物価統制令上、問題となる可能性があります。
クレジットカードの現金化を利用して詐欺罪に問われる可能性が!
クレジットカードの現金化により、クレジットカードの発行会社や何も事情を知らない第三者である加盟店が騙された場合、クレジットカードの利用者は、詐欺罪となる可能性があります。
クレジットカード現金化は横領罪!?なぜそうなるか知っていますか?
クレジットカードの利用によって購入された商品をクレジットカードの現金化の業者や第三者に買い取らせた場合、クレジットカードの利用者は、横領罪となる可能性があります。
クレジットカード現金化は、カードの利用停止・契約解除の対象です
クレジットカードを現金化目的で利用した場合、発行会社から、クレジットカードの利用の停止、または契約解除をされてしまう可能性があります。
クレジットカード現金化が発覚すると一括即時払いさせられるかも?!
クレジットカードの現金化をおこなった場合、利用規約により、クレジットカードの発行会社に対して、支払期限よりも早くお金を支払わなければならなくなります。
クレジットカード現金化はキャンセルができない!保護制度はゼロです
いったんクレジットカードの現金化を利用してしまった場合、後でそのリスクに気がついたとしても、対処できなくなる可能性があります。
違法なクレジットカード現金化にクーリングオフのような保護制度は無い
クレジットカードの現金化の業者と利用者との間の契約は、原則として、いわゆる「クーリングオフ」の制度の適用対象外です。
クレジットカード現金化は手数料・実質金利が高いのをご存知ですか?
利用者は、業者に対して、手数料や実質的な金利を支払うことになります。この手数料や実質金利は、一般的な金融機関に比べて非常に高いため、結局クレジットカードの発行会社に対して支払いができなくなる可能性があります。
一瞬でも商品に価値がないものを買わされるクレジットカード現金化は危険
クレジットカードの現金化の業者に買い取ってもらえなかったり、キャッシュバックがなされなかったりしたときは、利用者は、「払い損」となる可能性があります。
クレジットカード現金化をしたあげくに入金されなくてもいいんですか?
それこそ犯罪目的のためにおこなっているような悪質な業者もいます。典型的なものとしては、サービスの利用があったにもかかわらず、入金しない業者です。
クレジットカードから闇の「仕事の紹介」で勧誘される危険性が
一部のクレジットカードの現金化の業者は、本来の目的(現金化を利用させる目的)を隠して勧誘することがあります。
クレジットカード現金化で借金の一本化は無謀です!絶対にやめて!!
本来の目的(現金化を利用させる目的)を隠して勧誘することがあります。典型的には、借金を一本化するためにクレジットカードの現金化をさせるケースです。
クレジットカード現金化を使って懲役?!詐欺罪・横領罪で逮捕される
刑事告訴・刑事告発を受けた場合、警察に逮捕される可能性すらあります。詐欺罪は10年以下の懲役、横領罪は5年以下の懲役です。
クレジットカード現金化は口コミ・アフィリエイトの紹介も犯罪
加害者=犯人は利用者や現金化の業者ということになりますが、場合によっては、口コミを投稿した人や、広告サイト・アフィリエイトサイトの運営業者も加害者となる可能性があります。
クレジットカード現金化の契約は無効でも救済されるとは限らない
違法性が高い契約であるため、必ずしも有効とはいえません。また、場合によっては、取り消しができる可能性もあります。
クレジットカードの過払い金・手数料・金利が返ってくることはありません
、普通の金銭消費貸借契約の過払い金返還請求とは異なり、クレジットカードの現金化における、実質的な金利に該当する手数料の返還請求は、非常に難しいといわざるを得ません。
クレジットカード現金化はクーリングオフなどで守ってもらえません
極めて限定的な状況でもない限り、クーリングオフはできません。このため、クーリングオフによる救済はかなり難しく、実質的には不可能に近いといえます。
お手軽そうなネットのクレジットカード現金化は救済が困難
インターネットでクレジットカードの現金化を利用した場合、救済が非常に難しく、結果として、泣き寝入りしなければならなくなります。
クレジットカード現金化を使ったら警察・行政・弁護士は助けてくれません
警察や弁護士が助けてくれる可能性は極めて低いといえます。また、仮に警察や弁護士に助けを求めたとしても、逆に逮捕される可能性もあります。
クレジットカードの損失は自己破産できない、一生ついて回る負債になる?
最も大きなリスクのひとつとして、多重債務となったとしても自己破産ができない(正確には免責されない)、という点があります。このため、クレジットカードの現金化を利用してしまった場合は、人生の再チャレンジできない可能性があります。
クレジットカード現金化を「支払停止の抗弁」で対抗できるか
クレジットカードの発行会社に決済の停止を求めることで、ある程度のリスクを回避することができる可能性があります。
クレジットカード現金化を絶対に利用してはいけない理由
利用者自身が被害者であると同時に、加害者=「犯罪者」となってしまう、という点があります。このため、本来であれば受けることができそうな法的救済や法的保護をまったく受けることができなくなる可能性があります。
クレジットカード現金化を使うなら金融機関からの普通に借入れを!
クレジットカードの現金化による借入れをおこなうのではなく、正規の金融機関(政府系金融機関、銀行、信用組合、信用金庫、貸金業者等)からの正式な借入れを検討するべきです
クレジットカード現金化より法律に守られている貸金業者からの借入れを!
正式な借入れを検討するべきです。このページでは、これらの金融機関のうち、貸金業者からの借入れについて解説します。
クレジットカード現金化の前に勇気をもって任意整理・私的整理を
債務整理の方法として、債務・借金の任意整理・私的整理について解説しています。
クレジットカード現金化の前に特定調停を考えてみませんか?
債務整理の方法として、特定調停について解説しています。特定調停をおこなうことで、債務・借金が少なくなり、場合によってはまったくなくなる可能性もあります。
クレジットカード現金化の前に過払い金返還訴訟の可能性チェック
債務整理の方法として、債権者に対する裁判・訴訟の提起について解説しています。裁判・訴訟をおこなうことで、債務・借金が少なくなり、場合によってはまったくなくなる可能性もあります。
クレジットカード現金化の前に民事再生について考えませんか?
債務整理の方法として、民事再生の申立てについて解説しています。民事再生の申立てをおこなった場合、不動産などの財産を失うことなく、債務・借金を返済できる可能性もあります。
クレジットカード現金化は本当に怖い!将来を見据えて自己破産の勇気を!
債務整理の方法として、自己破産などの破産の申立てについて解説しています。自己破産などの破産の申立てをおこなった場合、財産はすべて失いますが、債務・借金は免責されます。