クレジットカード現金化 救済は不可能

被害の救済は不可能記事一覧

クレジットカード現金化の契約は無効でも救済されるとは限らない

クレジットカードの現金化の契約は、一応は民法上の契約といえます。ただ、違法性が高い契約であるため、必ずしも有効とはいえません。また、場合によっては、取り消しができる可能性もあります。このため、クレジットカードの現金化のサービスを利用した場合であっても、無効を主張できる可能性そのものはあります。公序良...

≫続きを読む

クレジットカードの過払い金・手数料・金利が返ってくることはありません

クレジットカードの現金化は、実質的には金銭消費貸借契約といえます。このため、本来であれば、いわゆる金利の「過払い」があった場合は、その過払い金は利用者に返還されるべきものです。しかしながら、普通の金銭消費貸借契約の過払い金返還請求とは異なり、クレジットカードの現金化における、実質的な金利に該当する手...

≫続きを読む

クレジットカード現金化はクーリングオフなどで守ってもらえません

うっかりクレジットカードの現金化を利用した場合、クーリングオフができる可能性がまったくないわけではありません。ただ、極めて限定的な状況でもない限り、クーリングオフはできません。このため、クーリングオフによる救済はかなり難しく、実質的には不可能に近いといえます。クーリングオフとはクーリングオフとは、特...

≫続きを読む

お手軽そうなネットのクレジットカード現金化は救済が困難

クレジットカードの現金化の業者は、様々なかたちで営業していますが、特に注意しなければならないのが、インターネット上の業者です。インターネットでクレジットカードの現金化を利用した場合、救済が非常に難しく、結果として、泣き寝入りしなければならなくなります。インターネットの利用は圧倒的に不利インターネット...

≫続きを読む

クレジットカード現金化を使ったら警察・行政・弁護士は助けてくれません

クレジットカードの現金化を利用してしまった場合、利用者自身が犯罪者となってしまいます。このため、警察や弁護士が助けてくれる可能性は極めて低いといえます。また、仮に警察や弁護士に助けを求めたとしても、逆に逮捕される可能性もあります。利用者=犯罪者クレジットカードの現金化を利用した場合、利用者は、カード...

≫続きを読む

クレジットカードの損失は自己破産できない、一生ついて回る負債になる?

クレジットカードの現金化のリスクはさまざまですが、最も大きなリスクのひとつとして、多重債務となったとしても自己破産ができない(正確には免責されない)、という点があります。このため、クレジットカードの現金化を利用してしまった場合は、人生の再チャレンジできない可能性があります。破産と免責破産手続は、破産...

≫続きを読む

クレジットカード現金化を「支払停止の抗弁」で対抗できるか

クレジットカードの現金化を利用してしまった場合、様々なリスクが発生しますが、クレジットカードの発行会社に決済の停止を求めることで、ある程度のリスクを回避することができる可能性があります。ただし、クレジットカードの発行会社自体が現金化の被害者でもありますので、対応には注意が必要です。決済の停止―「支払...

≫続きを読む

最短即日融資!
プロミス
  • 金利4.5%~17.8%(実質年率)
  • 最大500万円まで
  • 24時間いつでもOKで来店不要
  • Webなら即日融資も可能(平日の14時までに申し込みが完了していた場合)
  • はじめてのご契約なら30日間利息ゼロ
  • 50万円以下なら原則収入証明書類不要

PC・スマホならWEBで申込完結!
モビット
  • 金利3.0%~18.0%(実質年率)
  • 最大800万円まで
  • 審査スピードに定評あり
  • 電話・郵送なしで申し込み
  • 10秒で結果が分かる簡易審査あり